鑑賞温室

鑑賞温室

鑑賞温室はフラワーホールの西隣にあり、一年を通して熱帯の植物やラン、サボテンなどを見ることができます。
鑑賞温室は全部で5つの建物からなり、それぞれラン温室、熱帯花木温室、イベント温室、サボテン温室、ベゴニア温室となっています。

鑑賞温室鑑賞温室に最初に入ったところにある犬(?)のオブジェ

鑑賞温室のトイレラン温室と熱帯花木温室の間にトイレがあります。

ラン温室

石で組んだ棚に色々なランが植え込まれています。
一年を通してランの花を楽しむことができます
温室となっていますが、それほど温度は高くありません。

ラン温室ラン温室には一年を通してランの花を楽しめます。

ラン温室食虫植物のウツボカズラですが、ランではありません。

熱帯花木温室

温室内に川→滝→池と水を配置して、熱帯植物が植えられています。
かなり大きなものから、小さなものまであります。
ここにはカカオなどの実のなる木もあり、運がいいと結実しているところも見ることができます。
ここの温室は熱帯植物が多いので、温度・湿度とも高めに設定されていて、ジャングル的なにおいに満ちています。

熱帯花木温室熱帯花木温室には2階があります。

熱帯花木温室ジャングルのような温室の中に滝があります。

イベント温室

特定の植物があるわけでなく、季節季節に合わせた花などが飾られています。特にハロウィンからクリスマスにかけては、デコレーションが非常に綺麗なので、見る価値はあると思います。(巨大カボチャ〜クリスマスリース)
ここの温室は雨に濡れたくないデコレーションが多いために屋根がある部屋といった感じですので、温度は外と同じくらいのことが多いです。(晴れていると、窓が開いています。)

イベント温室イベント温室は季節季節の飾り付けがされています。

イベント温室秋なのでハロウィンでしょうか?

イベント温室それとも収穫祭かな?

サボテン温室

サボテンが自生している荒野のような雰囲気の温室に、たくさんのサボテンが植えられています。
一つ一つのサボテンがけっこう大きいので、荒涼感はありません。
当然ですが、とげのあるものが多いので子供には気をつけましょう。触ると痛いです。
ここも、温度を保つ温室というより、雨を避ける温室といった感じです。

サボテン温室丸い形のサボテンです。

サボテン温室平べったいサボテンです。

サボテン温室巨大なサボテンです。高さ4m以上はあるのではないでしょうか。

ベゴニア温室

なじみの多いベゴニアですがここのベゴニアは種類・量とも豊富で、行く度に違ったベゴニアを見ることができるほどです。
有名なベゴニアの品種である金日成花、金正日花は見たことがありません。
ここは、温度は少し保たれていますが、暑いといった感じではないです。
ここで、知ったのですが秋海棠(シュウカイドウ)もベゴニアの一種だったのですねぇ…

ベゴニア温室鉢植えが棚からつるされて飾られています。

ベゴニア温室一年を通して綺麗な花が見られます。

ベゴニア温室なかなか綺麗に咲いていますね。

その他

一般の人が入ることはできませんが、ぐんまフラワーパークには、鑑賞温室以外の温室もあります。それは、育成温室で、ここで花を苗の状態から育て、ある程度まで育つとフラトピア大花壇に移植され綺麗な花を楽しませてくれます。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2015 ぐんまフラワーパーク行遊記. All Rights Reserved.