ぐんまフラワーパーク

ぐんまフラワーパークへの行き方

ぐんまフラワーパークは公共の交通機関で行くことは難しいので基本的には自動車だと思います。ここでは各方面からのアクセスについて書きます。
県外(特に東京・埼玉)からの場合のお薦めは北関東自動車道の駒形インターからのコースがお薦めです。

関越自動車道を利用(南から)

関越自動車道を練馬方面からの場合は高崎インターで降り、高崎・駒形線を伊勢崎方向に進みます。その後は道なりにずっと進んでください。8kmほどで立体交差の下をくぐりますが(小屋原交差点)、ここからは、北関東自動車道の駒形インターからの説明に進んでください。

北関東自動車道を利用

公式ホームページでは北関東自動車道を利用する場合は伊勢崎インターで降りるようになっていますが、駒形インターからの方が分かりやすいと思います。
駒形インターを降りたら料金所を通過して最初の信号を右折します。その後、左側の車線に入ります。
300mほど進むと立体交差の坂を登り始めますが、登り始めてから左側の側道に入り、坂を下った先の信号(小屋原交差点)を右折します。(この信号が関越自動車道の高崎インターからの交差点です。)
右折したらそのまま道なりに進みます。6kmほど行くと大胡の街中に入り、旧大胡町役場の付近で道が右折します。右折したら、最初の信号を左折します。(荒砥川の橋の手前です。)
その後、また道なりに進みます。途中、荒砥川を渡りますがそのまま進んでください。3kmほど行くとT字路になります(鼻毛石交差点)ので左折して、すぐの信号(T字路、柏倉交差点)を右折します。1kmほど進むと信号があり、そこがぐんまフラワーパークの入口(正面、南側)です。
さらに、500mほど進んだ信号がぐんまフラワーパークの北側入口の交差点になります。
ぐんまフラワーパークの近くになると案内板が出ていますのでそれを参考にしてください。
ぐんまフラワーパークの案内板
なお、北側の入り口は平日などは閉まっていることがありますので、土日以外は正面(南側)を利用しましょう。

国道50号、国道17号(上武道路)を利用

国道50号からの場合は前橋市小島田町の小島田交差点を北に曲がってください。ここから先は北関東自動車道と同じです。
国道17号(上武道路)を利用する場合は、前橋市荒口町のところで上武道路から降りて交差点を北に曲がってください。ここから先は北関東自動車道と同じです。

渋川方面から

国道353号を利用する場合は、畜産試験場、嶺公園、大胡ぐりーんふらわー牧場(道の駅)を通過して、三夜沢の交差点を右折してください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2015 ぐんまフラワーパーク行遊記. All Rights Reserved.